これから読書を始める人におすすめしたいジャンル紹介!!

本のジャンル 読書に役立つ知識

前回のあらすじと反省点

前回のPart.1では読書習慣を身につけるためには至極真っ当ですが、まずは本を買う(行動する)ことをお伝えしました。まだそちらの記事を読んでいない方は、先に読むことをおすすめします!!

前記事の個人的な反省点として、元々この「読書に役立つ知識」というカテゴリの記事はワントピック、ワンアクションくらいを目指し簡潔な記事にしようと思っていたのですが、ついつい熱が入り記事が長めになってしまいしました。今回からはサクッと読めるような記事を心がけて作成しますが、長くなってしまったらすみません。。。

それでは、本題に入ります。

これから読書を始める人におすすめしたいジャンル紹介!!

これから書く内容は一般的な読書という型枠ではなく、あくまでも僕個人(主観)の考えでが、人生を変えたい人にはおすすめです!

僕がおすすめするジャンルは当ブログのカテゴリを見れば一目瞭然ですが、実用書というジャンルになります。

今のところは下記になります。(今後増える可能性はあります)

  • ビジネス書(仕事に役立つ知識)
  • 思想書、哲学書(人生に役立つ知識)
  • 健康書(人生には必要不可欠ですよね)

正しいジャンル分けについては詳細ページのリンクにも貼ってあります。

なぜこの3種類をおすすめするかというと、

人生を変える体験ができるからです。

特に実用書というジャンルの本においてはその本を通じて著者の方の人生、経験、知識を共有できるすばらしい体験をできます。それらは決して自分には想像すらつかなかいことも多々あります。

もちろん自分がある程度知識を持っている本を読み、より理解を深めることも大切ですが、それ以上に自分が知らない分野の本を読むことをおすすめします。

小説を読まれる方は何を期待して読んでいますか??

僕は子供の頃、江戸川乱歩先生の少年探偵団シリーズが大好きで学校の図書室に通っていました。

なぜそのシリーズを読んでいたか??

簡単です!!

単純にわくわくしてたからです。小説という物語の中に入り込み、未知なる世界を経験していたからです。自分の知らない世界というのはそれだけ魅力的なのです。

ただここで一つ思うことがあります。

子供の頃は単純にわくわくして楽しい!!

それだけで充分だと思います。

ただ大の大人がそれだけで終わってしまってよいのでしょうか?

趣味で読んでいる方たちであれば、もちろん否定はしません。娯楽も大切です!!

でも大人になれば社会に出て働くことになります。ただ働き方なんて今の日本の学校教育では教えて貰えないです。社会に出てから学ぶ必要があります。

「なんでもかんでも一から自分の力でできる」であれば苦労はしません。「やってみたいと思うことをなんでも全部やってしまう」そんな完璧人間はいませんよね?だからこそ読書をして、人の知識や経験を享受することが大切なんです。

自分も読書習慣を始めるまでは、「なにかが足りない」とずっと感じていましたが、正にこれでした。

まとめ

今回はおすすめジャンルを紹介しました。僕のブログでは趣味で読むというより、自己研鑽の為に読むべき本を紹介するので必然的に上記のジャンルとなります。

みなさんもぜひ読書始めてください。またすでに読書はしているけどこれらの本を読んだことが無い人たちはこの機会に是非読んでください。

余談ですがこの記事書いている時、「ジャンル」と「カテゴリ」どちらが妥当かと悩みました。ググると「カテゴリ」はギリシア語、「ジャンル」はフランス語が語源らしいです。ジャンルは使う人の主観によるところが大きいとのことだったので、当ブログではで敢えて「ジャンル」を使ってみました。

というわけで、今回の記事は以上です!
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. […] これから読書を始める人におすすめしたいジャンル紹介!! […]