読書の始めかた!まずは読書習慣をつけよう!

読書 読書に役立つ知識

読書の始めかた!まずは読書習慣をつけよう!

こんにちは、ゆうきです。

タイトルにも書いていますが、今回は読書に役立つ知識のカテゴリで、読書のはじめ方がメインテーマになります。対象は読書を始めたい方たちが対象となります。気になる人は最後まで読んでいただけると嬉しいです。

なぜ読書なのか?

本題の前に、まずはなぜこんなにも僕が読書をおすすめするのか?ということについて少し話していきます。

本を読む人と読まない人では、知識の量が圧倒的に違います。そして得た知識をアウトプットすることで記憶として定着します。アウトプットというのはどういうことか例えると…

  • ノートにメモする
  • 友達に読んだ本の内容を話す
  • SNSに投稿する
  • ブログを作り、ネットに公開する

ざっとこんな感じですかね。下の項目に行くほど、難易度は上がります。

個人的なノートに書くのは自分が理解できればよいので気楽に書け、文章の構成とかも考える必要はないです。

友達に話すのも、そんなに難しい感じはしないですよね?

ただ、いざSNS、さらにレベルを上げて、ブログでインターネット上に公開しようとすると、めちゃくちゃハードル上がります。文章を書く以外にもいろいろ調べてとにかく気を使い、頭を使います。

そうやって試行錯誤して人は成長できると思います。人は読書をしてアウトプットすれば、間違いなく成長できます。

長くなりましたが、次から本題に入ります。

読書始めるなら本屋に行こう!!

読書週間を身につけるには当たり前ですが…まずは、、、

本屋に行ってください!!できるだけ規模の大きい店がおすすめです!本の数が違います。

今すぐにとは言いません。仕事が終わったら、学校が終わったら、休日まで待ってもいいです!!(笑)とにかく行きましょう。読みたい本がなければ読書は始まりません。

まずは行動することが重要です!!

ここで… ん?? 気づく人もいるでしょう

なぜ??本屋に行く??スマホのアプリとかオンラインでストリーミングでも読めるはず。

本屋に行くおすすめの理由は、

メリット

  • まだ知らないたくさんの本たちに囲まれ、単純にワクワクするから。
  • 何から読み始めればいいかわかなくても、本屋に行けばおすすめの本やトレンドの本が陳列されている。
  • 実際に手にとって、さらっと立ち読みして読めそうか判断できる。

デメリット

  • 近くに本屋がなければ遠出するため移動時間がかる
  • 本が増えると家での収納スペースに困る

僕の最近の楽しみの一つは、本屋に行って読みたい本を選ぶこと。日に日にメモ帳に読んでみたい本の数が増えています。

人によってはそれくらい最初は楽しめるので、それだけでも価値はあると思います。後の一番の問題は収納スペースでしょうかね。ドラえもんの四次元ポケットあれば…ww

読書になれたら、電子書籍も利用しよう!

ある程度読書に慣れれば、Kindleで読むのもいいと思います。その段階まで行けば、ある程度読むべき本の検討もついているのではないかと思います。

メリット

  • 読みたい本をいつでも買ってすぐに読める。そして紙の本より安価で販売されている。
  • amazonのprime会員であれば、無料で読める本もある。(電子書籍はスマホではなくKindleなどの専用機で読むのが目に優しくおすすめですと言いつつ、僕はまだ持ってません)
  • 持ち歩きや収納が楽になる。容量にもよるが、一台に千冊分ぐらい入ってしまう。

デメリット

  • 一応サンプルはあるので多少は中身が見えるが、後は目次で判断するしかない。
  • 不要になってもメルカリ、ブックオフなどで売れない。
  • 端末の購入が必要(安くても1万円くらいはする)

正直なところ、メリットが大きくデメリットも人によっては、ほぼ気にならない程度かと思います。僕の場合であれば、購入した本は手元に残したい思うし、一万円程であれば本単価を安くできる分、元も取れるのでは?と思います。

ただし一点注意することがあり、Kindleの場合実際に本を購入するという形ではなく、本を用権利(ライセンス)をアマゾンから購入してるとう形式になります。万が一配信停止とかになると読めなくなるなんてことも。その可能性はあまり無いと思いますが…

図書館は利用はどう?

本と言えば図書館というくらい、また学校の図書室もありますよね。人によっては利用価値はかなり高いと思います。

メリット

  • 最大のメリットは無料ですよね。
  • 読書をするには、最適な環境かと。集中できる!
  • 実際に手にとって、試し読みして読めそうか判断できる。(本屋と同じ)

デメリット

  • 返却しなければならないので、手元に残らない。
  • 借りるや返すといった二重の手間が掛かり、時間がもったない。
  • 人気の本は借りられていて、置いてない可能性もある。

図書館利用の最大のメリットは無料で借りれるところですかね。たた僕としては、あまりおすすめできないですね。借りる、返すといったことが手間となり時間がもったいなかなーと。

ただし学生や、お金に余裕が無いといったような方たちであれば、利用したほうがいいと思います。何よりもまず読書をすることが大切なので!!

結局どれがいいの?

ぶっちゃけ、読みたい本が明確な場合は一番手っ取り早いのは、ネット通販です。

在庫も豊富にあって確実に手に入り、自宅まで配達して貰えるので時間も無駄になりません。

まとめ

読書の始めかたは今回上げた以外にもまだまだたくさんあるかと思いますが、まずは方法はどうであれ僕が一番のおすすめするのはまずは行動することです。

そして継続することです。

筋トレ継続をすれば力が付くように、読書とアウトプットを続ければ情報を取捨選択する力が付き、本当に必要な情報を見抜く力が付きます。

インターネットで簡単に多種多様な情報が得られる現代だからこそ、そういった力が必要だと思います。だかこそ読書をするべきだと自信をもって言えます。

というわけで、今回の記事は以上です!
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. […] 読書術Part.1 読書の始める方法(まずは読書習慣をつけよう!)今回は「読書に役立つ情報」ということで、読書の始める方法としてまずは読書の週間をつけることをお話します。32blog. […]

  2. […] 読書術Part.1 読書の始める方法(まずは読書習慣をつけよう!)今回は「読書に役立つ情報」ということで、読書の始める方法としてまずは読書の週間をつけることをお話します。32blog. […]

  3. […] 読書の始めかた!まずは読書習慣をつけよう! […]